今年も始まったノーベル賞ウィーク。
京都大学の山中教授が生理学医学賞を受賞したのは7年前のことでした。
いま、研究はどこまで進んでいるのでしょうか。
マラソンランナーでもある山中教授が、マラソンと研究の共通点を挙げながら、元オリンピック選手の瀬古利彦さんとともに語りました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事