今、日本は新型コロナウイルス一色。しかし、こんな時だからこそ、日本の食について、ゆっくり考えてみませんか?
感染拡大の前から実は、あるプロジェクトが進んでいます。
その名も「食べるJAPANセレクション」。
地域の生産者たちが、特産品を活かすために開発した食品の数々を、味のプロである有名シェフたちが発掘し、育てるという取り組みです。
今年1月、初めて開かれた審査会にカメラが潜入!
生産者の思いのこもった食品を、プロの舌はどう評価するのでしょうか?
時には辛口コメントもありますが、そこに込められているのは、国産食材への強い想いでした。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事