コロナ禍でマスク不足の最中、マスクを自作する人も増えてきています。
アフターコロナの時代は、「自作」の時代とも言えるのかもしれません。
奈良県のある靴下メーカーは、いち早く「自作」に目をつけ、自転車で作る靴下作りを提案。
靴下作りの楽しさを知ってもらうだけではなく、伝統の技術を生かした試みに、様々な願いを込めていました。
ここに埋め込みタグと置き換え
説明文が入ります

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事