横浜の港を100年以上、見守ってきた巨大なクレーンをシンボルとする商業施設が先月にオープンしました。
貿易と交流の拠点となってきた港という場所から経済活性化を図ろうというその仕掛けとは。
横浜港には今年、過去最高の約190回、客船が入港する予定で、新たなパートナーを得た「歴史ある港」を舞台にさらなるにぎわいが生まれそうです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事