2年に1度開かれる「東京モーターショー」が報道陣向けに公開されました。100万人の来場を目指す今回のショーの特徴は「体験型」です。 若い世代の自動車離れが懸念されるなか、今回のモーターショーは子ども向け職業体験施設「キッザニア」とコラボレーションして、自動車ファンだけでなく、若者や家族連れをターゲットにしています。 また、各社が力を入れるのが災害時の電源としても期待できるEV(電気自動車)です。日産自動車やマツダのほか、市販化には慎重な姿勢だったトヨタ自動車もレクサスからEVを発売すると発表しました。一般公開は25日から来月4日までです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事