世話をすることで丸い毛玉のような形の赤ちゃんから2段階の進化をする世界初のぬいぐるみです。
タカラトミーが自社開発した「進化する」ぬいぐるみ型のおもちゃ「Rizmo」を世界同時発売すると発表しました。
このおもちゃは世話をしてたくさんの音を聞かせることで見た目や中身が生き物のように成長することが特徴で、赤ちゃんから子どもへ、子どもから大人へと2度の進化をします。
こうした驚きの要素が入ったおもちゃは「サプライズトイ」と呼ばれていて、世界で市場が拡大しています。
これまでサプライズトイは海外製のものが中心でしたが、タカラトミーでは日本発のサプライズトイとして30以上の国と地域で展開します。
年間で100万個の販売を目指すとしています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事