東京・神楽坂にある「にっぽん てならい堂」。『買わないことを売る』ということをコンセプトにしたお店で、日本全国にいるさまざまな物作りの職人と顧客をつなぐワークショップを実施している。
このコンセプトは、買い過ぎや、壊れて不要になったものをすぐに捨ててしまうのではなく、良いモノを大切に長く使うといった生活スタイルに見直していこうというもの。
内容によって費用は異なるが、会員登録をすれば1講座数千円からモノを作る「コト」を体験できる。店主の中村さんはこうした体験を、未来を担う子どもたちにも伝えていきたいと思っている。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事