1990年代に一世を風靡したポケットベルが30日でサービスを終了し、半世紀にわたる歴史に幕を閉じます。
1996年には契約数が1000万件を超えましたが、携帯電話の普及とともに利用者数が減少し、今では1500人を下回りました。
全国で唯一、ポケットベルの通信サービスを展開していた東京テレメッセージは30日深夜から電波を順次、止める予定です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事