米プロバスケットボール協会(NBA)のウィザーズにドラフト1巡目指名で入団した八村塁選手がゲームソフト「NBA 2K20」の日本オフィシャルアンバサダーに就任し、発表会に出席した。
シリーズ20周年を迎えたNBA公認の本格的バスケットボールゲームで、最新作には3Dスキャンされた八村選手がキャラクターとして登場している。
子どもの頃から同ゲームシリーズの大ファンという八村選手は、「ドラフトで指名された時くらい、とてもうれしい」と笑顔。
分身を見た感想として「最高です!しぐさやシュートタッチ、全部が僕そのものだった。見ていて不思議な感じ」と興奮気味に話していた。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事