JR東海は、東海道新幹線で来年7月から導入予定の新型車両を公開をしました。 新型車両の「N700S」は地震や災害時に長時間停電してもバッテリーによる自力走行が可能で、従来に比べて緊急ブレーキの停止距離が縮まるなど安全性が向上しました。 車内の座席は座り心地を重視したゆったりとした座席に一新されたほか、車椅子専用の座席が追加されます。新型車両は東京オリンピック前の来年7月から運行予定で、2022年には40編成が導入される予定です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事