ミュージシャンで俳優のピエール瀧(52)が出演する映画『宮本から君へ』(9月27日公開)の完成披露舞台あいさつが22日、都内で行われました。
同作の製作委員会は瀧が保釈された5月に「ピエール瀧氏は、今後も法律に従って裁定が下されることになり、それ以上の措置について、本作品が関与するものではないという結論に至り、製作委員会の総意として、本作品の改編・追加撮影を行わないまま、劇場公開することと致しました」と説明していた。
この日の完成披露に参加した主演の池松は「僕が言えるのは共演者として監督よりも一番近くで、あの人を見ていた。あの人の目は本気でした。この作品に、とんでもなく大きな力を注いでくれた」と回顧。
「なんとか立ち上がって、また映画の現場であえることを願っています」と瀧の更生を願った。そして空気を変えるため「楽しい舞台あいさつにしたいと思っています」と口にした。
蒼井も「私たちは、これからも映画を作り続ける。待ってるとも言えません。せっかく出会ったんだから、またお互いの人生が交差するときが来たら」と言葉をつむいだ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事