手厚い福利厚生が注目され、就職先として人気が急上昇しています。ある動物を飼っている従業員には毎月、特別手当が支給されるそうです。

パソコンの作業中でもお構いなし。時には昼寝。オフィスの中を縦横無尽に歩き回る猫たち。ここは都内にあるウェブサイトの制作やステム開発などを手掛ける会社。猫と一緒に働けると話題になっています。時には、こんなハプニングも。
ファーレイ・田代志乃さん:「(Q.(キーボードのキーが)何で抜けているんですか?)猫が歩いていると、キーボードを踏んでいっちゃうこともあるので、(パソコンの電源を)落とされないようにあらかじめキーを外してあります」
社員7人の会社に猫が6匹。すべて社員の飼い猫なんです。猫を飼っている社員は猫とともに出勤できるだけでなく月5000円の猫手当なるものが支給されています。しかし、これにはある条件が。この猫たち、様々な事情で飼い主が見つからない、いわゆる保護猫たちなんです。
ファーレイ・福田英伸社長:「社会貢献の一つにつながればと思ってやり始めたことなんですけど、(猫の)殺処分なかなかなくならない世の中で少しでも会社として貢献したい」
ファーレイ・細川真樹子取締役:「パソコンに向かっている仕事なので、煮詰まったりすると猫にバフッ!ってやるとか、リフレッシュするというか“癒やし”ですね」
他にも、こんな猫効果が。オフィスの日常をSNSにアップしたところ、会社の認知度は爆発的にアップ。転職情報サイトの人気企業ランキングでは、大手企業とともに従業員わずか7人の会社ながら上位にランクイン。入社を希望する人からの問い合わせも後を絶たないそう。まさに、会社の招き猫といったところでしょうか。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事