大手牛丼チェーン「松屋」の看板メニュー「オリジナルカレー」を巡ってファンが騒然となっています。公式ツイッターで販売終了が予告されたためですが、意外な結末も待っていました。

27日、松屋のオリジナルカレーファンを驚かせる発表がありました。「オリジナルカレー」は牛めしと並ぶ松屋の主力商品ですが、来月から順次販売を終了すると発表しました。
これにファンがざわつきました。オリジナルカレーの販売終了にファンからは惜しむ声が続出。さらに、店舗からオリジナルカレーの売り切れ報告が次々と上がっている。
なぜ、これほどまで人気なのでしょうか。365日カレーを食べ続けているカレーマニアは・・・。
カレーのイベントなどプロデュースするカレーおじさん(AKINO LEEさん):「ほかにはない攻めているカレーです。だからこそ、カレーマニアにファンが多い。スパイスがしっかり効いていて、タマネギのさらっとした食感が甘みもあっておいしい」
そんなオリジナルカレー販売終了の発表ですが、これには続きが・・・。これまで期間限定で販売していた創業ビーフカレーを定番化すると発表したのです。新しいカレーはオリジナルカレーより100円高いということで客単価を上げる狙いがあるとみられます。これにまたまたファンがざわつきました。果たして、創業ビーフカレーはオリジナルカレーに代わる定番メニューになるのでしょうか。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事