混乱が続く香港で、抗議活動の長期化を睨んで需要が伸びているのが「仮面」。
「ガイ・フォークス」の仮面は、17世紀のイギリスで王の殺害を試みた実行者の顔をモチーフにしており、香港では反権力・反政府を象徴する存在です。 実は、このほとんどが中国製。
仮面をつくる多くの工場では、7月以降、受注が急増。
クリスマスに合わせた受注も多いといいます。
当局の規制で直接香港に輸送するのが難しいなか、台湾などを経由して香港に運ばれている実態があるようです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事