「Fine Fiber(ファインファイバー)技術」を開発
サブミクロンの極細繊維からなる積層型極薄膜が化粧品・治療領域に貢献
花王株式会社は、直径がサブミクロンの極細繊維を肌に直接噴きつけることで、軽く、やわらかく、自然な積層型極薄膜を肌表面につくる「Fine Fiber(ファインファイバー)技術」を開発しました。
この技術を花王が展開する多様な製剤と組み合わせて用いることで、スキンケアやメイクといった化粧品の領域において、これまでの常識を超える新たな提案の可能性が見えてきました。将来的には、治療領域への応用も視野に入れ、研究を進めています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事