横浜市長がカジノを含むIR(統合型リゾート)を横浜の山下ふ頭に誘致する方針に対して、“ハマのドン”こと横浜港運協会の藤木幸夫会長が「命を張ってでも反対する」と猛反発しました。
藤木会長は「山下ふ頭を賭博場にしてはいけない」「ギャンブル依存症を増やしてはいけない」などと強調し、横浜市との対決姿勢を明確にしました。
横浜市はIR誘致の理由として、税収の増加や観光の活性化などを掲げていますが、横浜港運協会は「カジノがなくても実現可能だ」と主張しました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事