エアコンや洗濯機など、いわゆる白物家電の去年1年間の国内出荷額は巣ごもり需要の影響もあり、24年ぶりの高水準となりました。
日本電機工業会が発表した2020年の白物家電の国内出荷額は2兆5363億円と、5年連続のプラスとなりました。
新型コロナウイルスの影響で空気清浄機の出荷額は前の年と比べおよそ57%増え、1986年以降で過去最高となりました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事