先月20日に横浜を出港したクルーズ船では、先月25日に香港で下りた乗客が新型コロナウイルスに感染していたことが確認されました。
また、今月1日に那覇で下りた乗客の1人に発熱の症状が見られました。
クルーズ船は3日夜に横浜に戻ってきましたが、厚労省は沖合に停泊した船内に検疫官を入れて乗客乗員約3500人全員の体温を測る検疫を実施しました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事