東京・渋谷駅西口で半世紀にわたって愛されてきた東急プラザ渋谷が、新たな商業施設「渋谷フクラス」として12月5日に開業することが発表されました。
東急プラザ渋谷を建て替えて開業する「渋谷フクラス」は、地上18階・地下4階建てで、オフィスや商業施設からなる複合施設です。
地上2階から8階までの商業フロアは「成熟した大人が楽しめる」をコンセプトに、69店舗の飲食店やファッションの店などが入ります。
また、2階から4階には渋谷初出店となる全国のハンドメードの商品などを集め、中高年以上の世代をターゲットにしています。
東急不動産の岡田正志副社長は「人生100年時代。残された人生を豊かに楽しく元気よく過ごすための施設。元気のいい大人たちにどんどんお越しいただきたい」と話しています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事