れいわ新選組の山本太郎代表は18日、北海道の利尻島を訪れおよそ3ヵ月にわたる全国行脚をスタートしました。
山本代表は北海道を10日間かけて回り、直接ポスター張りをお願いするなど有権者と接しながら自身が掲げる消費税の廃止・減税などの政策を訴えるということです。
れいわ新選組は衆議院選挙にむけて地方での候補者の発掘と支持の拡大が課題となっているため知名度のある山本代表が先頭に立って全国を回ることで地方での基盤拡大の起爆剤としたい考えです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事