携帯事業への本格参入を先送りした楽天が小型スマホを発表です。
新開発した「Rakuten Mini」は、楽天が来月から始める無料サービスの利用者を念頭に販売されます。
画面は通常のスマートフォンに比べて半分のサイズですが、機能は同じということです。
一方、楽天は通信ネットワークに必要な基地局の整備が遅れていて、来月に予定していた携帯サービスへの本格参入を先送りします。
三木谷社長は「通信が安定的に稼働するかどうか確認でき次第、商用化する」としています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事