世界最大のターミナルを備える北京大興国際空港は先月25日に開業して27日から国際便の運用が始まりました。
最初に飛び立った国際便は日本の福岡行き。
中国の旅行会社の調査では、今月上旬の大型連休に最も人気があった海外旅行先は日本でした。
訪日する中国人はこの10年間で8倍以上に増えていて、日本便への需要は高まりを見せています。