「にゃん太」の着ぐるみは政党のPR活動に活用されていました。
公職選挙法違反の疑いで書類送検されたのは、7月の参院選で国民民主党から立候補して落選したにしゃんたさんの選挙活動に携わった広告代理店の男性社員やアルバイトの女性ら合わせて8人です。
広告代理店の男性社員ら4人は7月、国民民主党大阪府連のキャラクター「にゃん太」の着ぐるみを着たアルバイトの女性ら4人に約11万円の報酬を支払うなどした疑いが持たれています。
国民民主党大阪府連は「事実であれば大変残念です。今後、このようなことがないように気を引き締めます」とコメントしています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事