買い物客が手に取った商品を持ち帰るだけで会計が済む、「レジなし店舗」システムがお披露目された。
これは、NTTデータが開発したもので、入店時にスマートフォンをかざして、QRコードを認証する。
店内には、多数のカメラが設置され、客や商品の動きをとらえるともに、棚の重量を計測して何を選んだかを認識する。
店内には、店員もレジも、どこにも見当たらない。
商品を手に取ったらゲートを通過するだけで、決済が完了している。
NTTデータは、実験の成果を検証したうえで、2022年度末までには1,000店舗への導入を目指したいとしている。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事