台風の接近に伴って携帯電話各社は公衆無線LANを開放し、無料でWi-Fiを使えるようにしています。
無料でWi-Fiが使える地域は東京、千葉、神奈川、埼玉、茨城、静岡の1都5県の全域です。
NTTドコモ、au、ソフトバンクのWi-Fiサービスエリア内でスマートフォンやタブレットでネットワーク名「00000JAPAN」を選択すると利用することができます。
被災者などが安否確認や情報収集のために使うことが想定されていて、通信の暗号化といったセキュリティー対策はなされていません。
携帯各社はクレジットカード情報や個人情報など重要な情報のやり取りは控えるよう呼び掛けています。