厚生労働省・中央最低賃金審議会の小委員会は、今年度の最低賃金の目安を全国平均で前の年度より27円引き上げることを決めました。東京都などでは初めて時給1,000円を超える見通しです。
けさ、発表された今年度の最低賃金の目安は、全国平均で今の時給874円から901円に引き上げられました。人件費が高い都道府県では28円引き上げる目安が示され、東京都は1,013円、神奈川県は1,011円になる見通しです。
今回の決定は10月から正式に反映されます。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事