韓国がWTO(世界貿易機関)に続いて別の国際会議でも日本に輸出規制の強化を見直すよう求めたことに、世耕経済産業大臣は「場違いな発言を繰り返している」と批判しました。
世耕経済産業大臣:「こういう関係がない場の議題として発言を続けていると、韓国自身が国際的に信頼を失うのではと私自身、心配になるところです」 世耕大臣はこのように述べ、北京で開かれているRCEP(東アジア地域包括的経済連携)の実務者協議で韓国が本来の議題から離れて日本による輸出規制の強化を見直すように求めたことを「場違いだ」と批判しました。
さらに、韓国をいわゆる「ホワイト国」から除外することについては「粛々と作業を進めていきたい」と述べ、来月2日にも閣議決定する見通しを示しました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事