経済産業省が発表したコンビニの加盟店オーナーを対象にしたアンケートによりますと週に1日以下しか休めないと答えた割合が全体の85%に上りました。 今回のアンケートは、インターネットなどによりオーナー3,645人、従業員500人から回答が得られたものです。それによりますと、オーナーの1週間の休日日数は、1日未満が66%、1日が19%でした。 また従業員へのアンケートでは64%が「人手不足」を課題に挙げ人手不足や人件費の高騰が経営を圧迫しているとの回答も多くコンビニの厳しい経営の実態が改めて浮き彫りになりました。今後、経産省は主要なコンビニ8社を対象にヒアリングを実施する予定です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事