イギリスの欧州連合(EU)離脱で揺れる英下院の議長として、「オーダー!(静粛に)」と繰り返す姿が世界的に有名になったジョン・バーコウ氏が9日、10月中に退任すると発表した。
10月に総選挙が行われるならその時点で、選挙がないなら10月31日に10年間務めた議長の座を退くと述べたが、解散総選挙はその後の採決で否決されたため、10月31日に退任することになった。
2009年に議長に就任したバーコウ氏は「平議員のために闘ってきた」と思いを込めて振り返り、「自分は議長として一貫して、この立法府の相対的な権限を拡大しようと努めてきた」と強調した。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事