人を笑わせ、かつ考えさせる研究に贈られる『イグ・ノーベル賞』の化学賞を明海大学の渡部茂教授らが受賞した。
渡部茂教授らは、5歳児が一日に分泌する唾液量を研究。
5歳児は大人並みの量の唾液を分泌していることがわかったという。
これで日本人の受賞は13年連続となった。
受賞者には、価値が1円未満の10兆ジンバブエドルが送られるという。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事