新年を迎え、およそ80年ぶりに新しい駅舎となった東京メトロ銀座線の渋谷駅。 ホームの位置を移動させたり、線路を切り替える渋谷駅の大改造は年末年始に大詰めを迎え、1月3日に運用が始まった。M字形の独特な屋根。 ホームの幅も、これまでの2倍のおよそ12メートルになるなど、近未来の渋谷を思わせる姿に生まれ変わった新しい駅舎。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事