第46回 東京モーターショー2019のイベントとして、ドローン500機が東京の夜空を舞い、華やかに彩るエンターテインメントショー「CONTACT」が青海展示会場の横の「夢の大橋」上空で開催された。
「CONTACT」は合計500機のインテル Shooting Starドローンを使い夜空に光の絵を描きだす。
音楽に合わせて舞うドローンショーのコンセプトは、私たちのイマジネーションが創造へと変わる時に奇跡のCONTACTが起こる、というもの。
総合演出はお台場周辺エリアでのダンスミュージックフェス「ULTRA JAPAN」や未来型花火エンターテインメント「STAR ISLAND」などを手掛けてきたクリエイティブディレクターの小橋賢児氏で、小橋氏のもとに多彩なクリエイターが集結して作りだされた。
27日まで開催される。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事