中国が発表したことし4月から6月までのGDP=国内総生産は1年前に比べて物価の変動を除いた実質で6.2%でした。
伸び率は前の期に比べて0.2ポイント低く四半期ごとの数字を公表している1992年以降で過去最低となりました。
4月から6月は米中貿易摩擦が激しくなった時期でアメリカによる追加関税措置などが大きく影響しました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事