台風19号の影響で、開催予定だったラグビーワールドカップの試合が中止となった岩手・釜石市では、カナダ代表チームがボランティア活動を行った。
試合は中止になったが、市内では、試合を行う予定だったカナダ代表チームの選手やスタッフ、あわせて16人がボランティア活動を行った。
ラグビーを通して、釜石が世界との絆を、さらに深めた1日になった。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事