G7サミットのためフランスを訪れていた安倍総理大臣が会見し、来月に内閣改造と党役員人事を行うことを明言しました。
安倍総理は「政治の継続性を重視する」としながらも、「様々な人材に光を当てて人事構想を練りたい」と述べました。
また北朝鮮を巡る拉致問題については、「G7サミットにおいて、すべての首脳たちから理解と支持を得た」と明らかにしました。
金正恩委員長との会談についても「あらゆるチャンスを逃すことなく、果敢に行動する」と意欲を示しました。
さらに、消費増税について「国の信頼を守るためにも必要」と述べ、プレミアム商品券の発行などでしっかりと消費を下支えしていく考えを強調しました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事