アメリカの感染症予防機関のトップが議会で証言し、この冬は新型コロナウイルスの感染とインフルエンザの流行が重なって深刻になるとの見通しを示しました。
 アメリカ下院で証言に立ったCDC(疾病予防管理センター)のレッドフィールド所長は、「この冬は新型コロナの感染とインフルエンザの流行が重なることで医療システムに大きな負担が掛かり、難しい対応を迫られる」と述べました。
全米で経済の一部再開が始まったことについては「すべての州が条件を満たさないまま経済を再開させている」として拙速だとする見方を示しました。
また、全米で起きているデモでの感染拡大の危険性を指摘し、「デモ参加者はただちにその場を離れて検査を受けることを強く奨める」と注意喚起しました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事