台風19号は北上を続けています。東日本を中心に日曜日にかけて大荒れの天気となる見込みで、気象庁は現在会見を開いて最大級の警戒を呼び掛けています。大型で非常に強い台風19号は、小笠原諸島・父島の西の海上にあって暴風域を伴いながら北上しています。この後も非常に強い勢力を保ったまま、12日の夕方から夜遅くにかけて、東日本に上陸する恐れもあります。12日から13日の午前にかけて、関東と東海を中心に暴風や警報級の大雨となる見込みです。交通への影響です。JR東日本は12日から13日の首都圏のすべての在来線で計画運休を実施すると発表しました。また、東海道新幹線は12日、東京ー名古屋間の終日運休が決まっています。名古屋ー新大阪間でも早朝の列車を除き、運転を取りやめます。一方、空の便は12日、羽田空港の発着便で全日空の国内線全便が、日本航空は早朝便を除く大半の欠航が決まっています。また成田空港でも12日に発着する多くの便が欠航する予定です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事