ポイント還元の入力ミス約2万件のうち9割の修正が完了したということです。

消費増税に合わせたキャッシュレス決済への国のポイント還元事業を巡っては、対象となる店舗で還元率が5%のはずが2%となったり、スマートフォンの地図アプリで店の場所が誤って表示されるなどの不具合が報告されていました。これについて、経済産業省は決済事業者の入力ミスが原因だとして約2万件のうち9割について修正が完了したと発表しました。残る1割については来週中に、また、一つの店が複数表示される不具合については11月中に解消するとしています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事