過去の高額な返礼品を理由に大阪府泉佐野市をふるさと納税制度から外したことについて、総務省は、泉佐野市の制度復帰を認めない方針を明らかにした。同じく除外になった他の自治体からの不満を避けた形となる。泉佐野市はこれを不服として、高等裁判所に提訴する構えでいる。泉佐野市長は「ふるさと納税の制度のみならず、地方自治の根幹を揺るがす大きな問題だと思っている」と述べた。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事